効果的なだたしい脱毛機の使い方

脱毛機は使っているだけでかなり効果がある便利な機械ですが、使い方を間違ってしまうとお肌のトラブルを引き起こすことがあるので、なるべく正しい使い方をしましょう。


まず使う前には照射する範囲のムダ毛を完璧に剃ることにしましょう。


なぜ剃らなければならないのかといえば、お肌に毛が残ってることでその部分の毛が発熱してしまい、やけどを引き起こしてしまう可能性があるからです、お肌の中にある毛は問題ありませんがある程度伸びている毛に対しては、毛を剃る形で事前の処理が必要です。

その後お肌の必要な部分に照射していくことになりますが、照射の際にもいくつか気をつけることがあります。まず照射範囲が手や足の場合には出力を上げたまま照射しても痛くありませんが、皮膚が薄い部分に照射すると少しだけ痛みを感じることがあります。



デリケートゾーンや脇の下がそれに当たり、出力をなるべく下げた状態で脱毛機を使うことが大事です。

照射中に少しでも耐え切れない痛みを感じたらその日の照射は中断するようにして、また後日皮膚が回復してから行いましょう。

脱毛機を当てた部分には熱をもつことも多いので、冷却が必要になります。



氷嚢や保冷剤を用意しておくようにして、照射してからすぐに冷やすようにしましょう。
冷やすことで抜けた毛根部分を引き締める効果もあるので、毛穴を目立たなくさせられます。


脱毛機の照射はなるべく休みをおいてから使うのが負担をかけない方法です。